本文へスキップ

消費者金融の歴史

今日の消費者金融産業の起源は、様々な説がありますが、1960年代の団地金融がその発祥とする説が有力です。初期の消費者金融会社の中には、公団などの団地の住民に対して金銭を届けることに特化した金融会社が出現しました。当時の公団は会社員でも高額所得者が居住していたことから、信用力の高さが既に担保されていたのです。日本クレジット・センターと森田商事の二社が団地金融の先駆けだったようです。このような団地金融という業者が、一時、質屋に代わり消費者に無担保で資金を融通するようになってきます。

借りやすいのは中小金融業者

全国対応
今日、大手消費者金融会社となたった各社も1960年前後に次々と創業しました。現在営業している大手消費者金融会社の中で最も古いのは1960年創業のアコム、1962年のプロミス、1966年のアイフルなどですが当時、消費者金融の営業を開始しています。当時の名称は「勤め人信用貸し」「団地金融」などでしたが、日本社会における月給生活者階層が増大し、その需要が好景気とあいまって拡大したことにより、サラリーマン金融という名称が1970年以降一般化していきました。1960年前後の消費者金融のビジネスモデルは、利用者から電話で融資の申し込みを受けた後、金融会社の社員が契約書類と融資金を直接利用者の家へ届けるスタイルでした。金融会社側にとっては、利用者の居住地と本人確認を行う審査機能も兼ねていました。しかし、顧客の自宅まで社員が持参するサービスは、金融会社にとって人件費がかかるのみでなく、残高を積み増す上での制約となりました。このため、消費者金融の主流は持参型から、店舗を構えて顧客を待つ店頭型へと以降していきました。

人気のキャッシング一覧表

口コミ