お金を借りる方法と金策

お金

お金に困った際のタブー事項

生活を営む上で、一部の富裕層を除けばたいていの人はお金に困ったシーンがあるはずです。急にお金が必要になったにもかかわらず、手持ちの資産では足りないこともあります。そういった場合の対処策を予め想定しておくことが、失敗を回避する意味でも必要になります。

お金に困ってどうしても早急に金策が必要になってくると、藁をも掴む思いになってしまいます。そういった方の多くは、ネット上に散乱する詐欺まがいの広告に騙された挙句に、傷口を大きくしてしまうことも少なくありません。

どういった広告かといいますと、「無審査キャッシング」「審査無し!」「すぐに融資します」といった、いかにも簡単にお金を貸してくれそうな広告です。どんなに親切な人でも、どこの馬の骨ともわからない人間に、無審査でお金を貸してくれるはずがないのです。

こういった広告の殆どは、自分が保有しているクレジットカードを利用した、いわゆる商品枠の現金化です。商品枠を利用して商品を購入させ、それを転売してその差額で儲けようとする輩です。

たしかに無審査ですが、それは自分が保有するクレジットカードの信用に対しての無審査であって、何も業者が無審査で貸しているわけではないのです。

ちなみにこういったクレジットカードの現金化などを実行してしまった場合、確かに現金を手にすることは出来ますが、大半の人は翌月の支払いに困窮し、やがては大切なクレジットカードを手放すことに帰結してしまうことになります。一度クレジットカードを手放してしまえば、次に作ろうとしても簡単には作れなくなってしまいます。信用情報センターのブラック情報に登録されてしまうからです。